Thursday, November 15, 2018

11月15日(木曜日) 
フジバカマに続く話があります。カフェをよく手伝ってくださるS.Kさんからも中川さんからもお聞きしたり写真を見せていただいたりしたのですが、 フジバカマの花によく来る美しい「アサギマダラ」という蝶のことです。 アサギマダラをネットで調べると細かく羽ばたかずふわふわっと飛翔し人を 恐れず、標高の高い山地に多く見られるとあります。この蝶が美しい姿であることは写真を見て分かりますが、最も驚くべきことは アサギマダラは「旅する蝶」だということです。夏に日本本土で発生してその多くが秋になると南西諸島や台湾まで南下するそうです。2011年10月10日に和歌山県から 放たれたマーキングしたアサギマダラが83日後の12月31日に香港で捕獲されたそうです。フジバカマやキク科の植物の甘い蜜をたっぷり吸って旅支度をするとはいえ、こんな小さな体が海を渡って飛んでいくなんて何とけなげな蝶でしょう。仲間と一緒に旅をするそうですが、生物の神秘を感じます。There is a continuation of the story of Fujibakama from the last blog, and it involves "Asagimadara (Chestnut Tiger butterfly)". I heard the story and saw photos of Asagimadara from Ms. S.K who often helps me in the cafe, and from Ms. Nakagawa. Asagimadara is a beautiful butterfly as you will see in the pictures which often comes to the flowers of Fujibakama. It doesn't fly with flapping movements. It is also seen in a mountainous region. But the most surprising fact of Asagimadara is that it is a "Traveling butterfly " (long distance migration butterfly). A marked Asagimadara which was released in Mt. Nishiyama, Wakayama prefecture in Japan on 10 October 2011 was captured in Hong Kong on 31 December 2011. I can hardly believe that a tiny species can travel such a long distance. What a brave butterfly! Asagimadara migrate in groups but they highlight the mystery of living creatures.


アサギマダラ(Chestnut Tiger)photo by N. Nakagawa
photo by N. Nakagawa