Tuesday, February 27, 2018

2月26日(月曜日) 
今日は一日穏やかな良いお天気でした。野田浩二・公子夫妻の風野工房染色展は4日間の開催を経て昨日終りました。初日から開店と同時にお客様が次々に会場の「多賀あさひや」にお見えになり家中に飾られた野田さんの美しい作品をご覧になり、お買い求めになる方も多かったようです。帰りにお茶を飲んでお帰りくださるお客様も多く、カフェもお蔭様で忙しく動きました。野田さんのモダンで落ち着いた作品が「あさひや」の佇まいによく合っているとおっしゃってくださったお客さまの言葉が何よりも嬉しかったです。玄関脇のS,Kさんからの福寿草も今回の展示イベントを喜んでくれているようです。明るい春の兆しが「多賀あさひや」にも見えてきました。Today, it was a nice and calm day. Kaze no Kooboo exhibition and sale was finished after four open days. Guests came one after another to Taga Asahiya where the exhibition for the first day was held. They looked around Kooji Noda's beautiful works and many people bought the one they preferred. After that many of them also took time for coffee at the cafe which kept me happily busy. Some said that Kooji's modern and sophisticated colors in his dyed work suited my old Japanese house very much. I am so grateful to hear that. Ms. S.K brought Fukujyusoo (pheasant's eye) from her home. You will find it outside the front door. My happiness from the successful event is doubled by seeing this tiny cute flower. It signifies the coming of bright spring at the cafe "Taga Asahiya".

福寿草

Wednesday, February 21, 2018

2月21日(水曜日) 
22日(木曜日)から、「多賀あさひや」で風野工房染色布の展示即売会を開催します。今日はお昼前から野田浩二・公子夫妻が蔵、座敷、居間、離れ、廊下ほぼ全域に美しい作品を次々に展示していかれました。和室や蔵には大胆なデザイン、それでいてしっとりとした色合いの野田さんの染め布が よく似合い、美しく溶け込んでいます。沢山の方に見に来ていただければ嬉しく思います。Beginning tomorrow (Feb. 22) Kaze no kooboo exhibition and sale will take place at my cafe Taga Asahiya. Kooji and Kooko Noda came to the cafe to exhibit their art work nicely in the storehouse, guest room, living room, alcove and hallway areas. Mr. Noda's dyed clothes which are adventurous in their design, yet quiet in their color scheme match well with the Japanese Tatami room and store house. I hope many people will come to see their work at the cafe.


座敷
中の間
離れ




Sunday, February 18, 2018

2月18日(日曜日) 
今日は彦根ゴーストツアーの一行が多賀大社、本殿脇の先喰台(せんじきだい)を見学した後、昼食と旭堂南海師の講談の場所として「多賀あさひや」にお出でになりました。多賀大社の本殿脇に先喰台と呼ばれる台があり、そこに神様に供えるお米が置いてあります。神事をしている最中にカラスが来て神様の食事を先に食べようとした瞬間に、それまで普通のカラスだったのが先喰烏(せんじきがらす)と呼ばれるカラスになり、それは「何かの前触れ(吉事へ導くミサキ神)」ということになるそうです。多くの神社(愛知の熱田神宮や広島の厳島神社)でも神前へのお供えを先にカラスに食べさせるという神事があるそうですが先喰台があるのは多賀大社だけとのことです。多賀大社に台があるのは見ていましたが、このようなカラスの台だというのは今回初めて知りました。カラスは今では不吉な鳥だと言われていますが、もとはこのように神聖なもので、今でも神社ではこうした神事が行なわれているのですね。皆様には離れで私ども初挑戦の昼食を提供させていただきました。その後、座敷で南海師の講談が始まりました。四谷怪談のお岩さんが伊右衛門の夫になった経緯、惨殺された訳、次に長いなが〜い南総里見八犬伝の一部を聴かせて下さいました。南海師のよどみない講談は見事としか言い様がありません。Today, a group of "Hikone ghost tour" visited Taga Shrine as one of the spots of "Senjikidai" which is a sacred table where a sacred crow stops. According to the brochure of the tour, if the crow which is usually a common one comes to the table and tries to eat the offering rice for the God during a Shinto ritual, it turns into a special crow called Senjiki-garasu as a prophet to lead fortune. After Taga Shrine, the group came to the cafe to eat their lunch. This was the first time for me to serve lunch for guests at my cafe. Then they listened to professional storytelling of traditional Japanese tales by Mr. Kyokudoo Nankai.







Saturday, February 17, 2018

2月17日(土曜日) 
今日も時折雪が舞う一日でした。昨日、中川信子さんのご紹介で山田周生さん<http://biodieseladventure.com/japanese/index.html>がお見えになり仲間と夕食を共にし、山田氏の希有なお話を聞かせていただき楽しい時間を過ごすことができました。山田周生氏とは一体どんな方なのか中川さんから伺うもイメージできないままお迎えしました。気さくな第一印象の山田氏がこれまでに見てこられた世界、接してこられた人々、身体を使って巧みに操ってこられた数々の乗り物とそのルート。並の人間がとても近づける世界ではありませんが、氏が深い智慧と洞察力、判断力をお持ちの方であることは私にもはっきりと分かりました。そしてそこからは優しいお人柄と寛容さが滲み出ていました。It occasionally snows these days. Yesterday Mr. Shuusei Yamada <http://biodieseladventure.com/japanese/index.html>whom Ms. Nobuko Nakagawa introduced to me visited my home and we had dinner together with some other members. We were able to hear about his amazing experiences. Before his arrival, I could not envisage him even though Ms. Nakagawa talked to me about what he had done. He impressed me with his very friendly demeanor, his world-view, the diversity of the people who he has communicated with, the vehicle, boat, horse, dog sled and other materials which he self-learned to masterfully maneuver in his work. Through his talk, I knew that he is a person who has deep knowledge, profound insight and a keen sense of judgment. Probably because of these, he is gentle and has much room in his heart.



Wednesday, February 14, 2018

2月14日(水曜日) 
昨日に比べると穏やかな良いお天気の一日でした。今日はバレンタインデー。ハートの赤い色が華やかさを演出しています。カフェでもささやかながらバレンタインデーを楽しみました。Unlike yesterday, today was relatively nice and warm. It is Valentine's Day! The heart's red color is a symbol of love which produces a gorgeous and pleasant atmosphere. I also enjoyed this special day with my guests in the cafe.


Monday, February 12, 2018

2月12日(月曜日)
床の間の掛け軸について東京の友人が書に詳しい友達から聞いた 情報を送ってくれました。掛け軸の漢詩は王維の「雑詩」であるとのことです。書を書いた人は未だ分かりませんが。以下(青色)は情報にあったサイト 「走るメロス」という方<http://manapedia.jp/m/text/3810>からの引用と 一部コトバンクからの引用です。 

王維 (701~761)は中国、唐の詩人、画家で、宮廷詩人の第一人者として活躍した人。その詩は「詩中に画あり」と評されるように、多くは山水の美、静的な美をテーマにうたわれているとのこと。 

寒 来 応 君 (右上から下に読んで下さい)

梅 日 知 自
著 綺 故 故
花 窓 郷 郷
未 前 事 来 

(書き下し文) 君は故郷より来たる 応に故郷の事を知るべし 来たる日綺窓(きさう)の前 寒梅花を著けしや未だしや (現代語訳) あなたは(私の)故郷からいらっしゃったので きっと故郷の事をご存知でしょう。 (あなたが)出発された日に、美しい模様で飾った窓の前の 寒梅は花をつけていたでしょうか、それともまだだったでしょうか。 


(解説) この詩は、故郷を離れた王維が故郷に残してきた妻や家族のことを思って詠んだ歌です。美しい模様で飾った窓とは王維の妻のいる所を指しており、そこで妻が憂いていないか憂慮している気持ちが表れています。 



以上、五言絶句の漢詩ですが、王維が妻と二人の部屋の窓辺に咲く寒梅を想っているところが何ともロマンチックな漢詩です。

 One of my friends in Tokyo sent information about the calligraphy of the old scroll in the alcove. She sent a link to a website for me, which is from her friend who has knowledge about that kind of calligraphy. According to the information, the calligraphy is a Chinese poem by Wang Wei (701-761). I still don't know who wrote the calligraphy though. Then I asked for help to get the English translation of the poem to my friend, Chinese Professor R.L of Wellesley College. She found two versions of English translations and kindly sent them to me. The information is as follows. I hope you will enjoy this romantic poem.

You came from our hometown,
Should know things over there.
By the window the day you left,
In bloom were the winter plums?

You have just come, my friend, from home town;

You should have known what’d happened right there down.
By my silk windows, when you were to come,
Had winter-plum there already bloomed some?




2月11日(日曜日) 

妖怪探訪(企画:「空(くう)の旅人舎」、協力:滋賀大学経済学部)の一行が2月18日(日曜日)に多賀に来られ、多賀あさひやは旭堂南海師の講談と昼食場所になっています。「目に見えないモノを見ることができるかもしれない旅をしませんか?現世と幽世の狭間、湖東、湖北の伝承を追いかけ文化遺産を巡るTourに出かけませんか?」と「空の旅人舎」は呼びかけています。おもしろそうな企画で皆さんがお出でくださるのを楽しみにしています。 http://kuuno.jp/index.html#youkai

3月3日、4日は「井伊直弼の章」で只今参加者を募集しているそうです。小泉八雲曾孫の小泉凡先生のお話、旭堂南海師の講談も聞かれます。 ツアーをご紹介します。是非ご参加下さい!(部分参加も可能かもしれません。)http://kuuno.jp/pg195.html




 

Sunday, February 11, 2018

2月10日( 土曜日) 
木曜日に「味噌作り」をしました。材料は糀(2kg)、大豆(1,5kg)、塩(800g)板粕。大豆を前日までに柔らかく煮て、それを再び熱くした後、ザルに上げ、潰し、塩糀を入れてよく混ぜ、団子にして、アメ(ゆで汁)で洗った容器に投げ入れ、隙間のないように詰めて平になった上面に板粕を敷き詰め蓋をする。朝9時に作業を開始して、11時ごろには終了。地元の西澤さんと大町さんの指導を受けながら、皆さん一生懸命味噌作りを体験しました。米麹が発酵して8ヶ月後(10月頃)には美味しい味噌になるはずです。作業が終ってからコーヒーとお菓子でおしゃべり、それからお昼も食べながらの楽しい半日でした。We practiced making miso at my cafe this Thursday.The ingredients are koji (malted rice)2kg, soybeans 1.5Kg, salt 800g and sake lees. (1) Boil soybeans until you can break it up easily with fingers. (2) Drain the hot water in a colander. (3) Crash soy beans well.(4) Put salted rice malt in and mix it well. (5) Make balls with both hands and throw them into the miso pot which was washed by the broth left over after boiling soybeans. You need to beat the soybean balls hard so no air is inside. We started at 9 am and finished at 11 am. Ms. Nishizawa prepared boiled soybeans for the members and brought the necessary tools to the cafe. Ms. Ohmachi explained the way and showed how to make miso to us. According to them, it will take 8 months to eat it as tasty miso. After the work, we had a happy coffee time and chat together. I also served lunch for them. It was a pleasant morning.

材料
大豆煮
大豆をざるに上げる
とも洗い
団子を作る
投げ入れ詰める
酒粕蓋







Friday, February 9, 2018

2月7日(水曜日) 
立春を過ぎたというのに朝は氷点下の気温で風も冷たく厳しい毎日が続いています。福井など北陸各地の豪雪のニュースを聞いてそのご苦労を想像しています。そんな中ですが日照時間が少しずつ長くなっているのは少しほっとできます。月が変わって床の間のしつらえを新しくしました。掛け軸の古い書は全く解読できません。情けないかぎりです。どなたか読める方、教えていただきたいです。The first day of the spring (Risshun) in the calendar has passed, however we still have severe cold days such as below the freezing point in the morning and chilly wind. In those days, the hours of sunshine has been longer little by little which makes me relieved. Since it turned to February, I changed the arrangement of the alcove. I hung the old scroll which I like but unfortunately I have no idea what it says. I am ashamed at myself. I wish someone who can read this old Japanese could let me know about it.


Flower arrangement by Ms. H.N.



Thursday, February 1, 2018

1月31日(水曜日) 
ラジオで1月31日は皆既月食が見られるとの情報があったので夜、8時半ごろ月の位置を確かめようと表に出てみました。すると、どうでしょう。大きな満月が東の空に輝いていました。お天気がどうも…と半ば諦めていただけに「やったー!」と子供のようにはしゃいだ気分になりました。二階の東側の大きな窓から月食の観察。9時を過ぎたあたりで暗雲が流れてきては月を曇らせてまた顔を出し、どうなることかと心配しましたが、9時20分ごろからは再びはっきりと月が欠けていくのが見えました。9時40分ごろには右斜め上(時計の長身が10分を指すあたり)にかすかに見えていた黄色い光がやがて黒い膜で覆われてしまいました。皆既月食です。満月が地球の影に隠れるという天体の貴重な現象。削られていく月を見ながら様々な想いと願いをはるか天空にかけました。Since I got the information from the radio that it is the day of Super Blue Blood Moon tonight, I went outside to check the position of the moon at around 8:30 pm, although I didn't have much expectation to be able to see the moon because of unstable weather condition these days. Then I found a big shining full moon toward the east sky. I was excited very much like a child. My observation of a lunar eclipse started from the east side window of the second floor of my house at 8:40. At around 9 pm, a dark cloud came over the moon and it interrupted the view but cleared up later. I could see the moon was waning. At around 9:40, the thin tiny yellow light on the right upper part of the moon was covered by the shadow of the earth. It was a total eclipse of the moon. I have never seen such rare astronomical phenomena before. Looking up at the moon during this fantastic phenomenon, I thought of the people I love and pray for them.