Saturday, March 18, 2017

3月17日(金曜日)
多賀あさひやで提供している甘酒は多賀町敏満時の渡辺糀店で製造された米麹の甘酒です。甘酒は酒粕で作るものと米麹で作るものがあって、どちらもとてもおいしいですが、米麹の甘酒はアルコール分が含まれないため子供も運転者も安心して飲めるところが大きな違いです。甘酒といえば、寒い冬に生姜を入れて熱々でいただくのを普通考えますが、実は甘酒は夏の季語。私は最近まで知りませんでした。江戸時代に人々は夏バテ防止に甘酒を飲んでいたそうです。「飲む点滴」といわれる所以を昔の人はちゃんと知っていたのですね。甘酒には100種類以上の酵素。ビタミンもたっぷり、そしてブドウ糖やオリゴ糖も含まれています。米100gは356Kcalであるのに対し、甘酒100gは 81Kcalだそうですから、ダイエット効果もあります。渡辺糀店の甘酒は流石プロの作る甘酒です。最初お砂糖が入っているのかと思いましたが、全て米糀から出される甘さでした。店では従来の甘酒のほか、豆乳と季節の果物と合せた「甘酒スムージー」もお勧めです。是非お試しください!You will find Amazake in our drink menu.  It literally means  "sweet sake" but actually it has no alcohol in it.  It is a sweet drink made from fermented rice. (There is another kind of Amazake which has alcohol, but is not this.) Mr. Watanabe is a master who runs Kooji shop and he is the fourth generation of making original Miso and Amazake.  I like both his Miso and Amazake.  It is said that people in Edo period used to drink Amazake in the summer for preventing exhaustion.  In truth, Amazake is a great drink that contains more than hundred enzymes, many vitamins, Glucose and oligosaccharides, etc.  They are well balanced in it. Amazake became very popular these days in Japan as a "drinking I.V (Intravenous) drip". We serve Amazake Smoothie as well. It is our original drink which is mixed with Amazake, soy milk and seasonal fruit.  It is sooooo good!!